起業と入学と受験と家

長男のこと

今日は、長男の本命高校の合格発表。
無事に希望の高校の第一志望の学科に合格していました!

2年生の頃、大好きだったバスケを人間関係が原因で続けられんなくなり、体を壊してからどんどんやる気がなくなって、成績も落ちていった彼。塾もやめてしまい、私は、見守るしかありませんでした。

3年生の夏休み、WFCで開催した和田勉さんの講座で教えてもらった潜在意識のワークを彼にやってみて、そこからいろいろな話をして、挑戦する決意を。夏休み明けの模試では、合格圏内にほど遠い成績でしたが、途中でくじけそうになりながらも努力を続けての本日の嬉しい知らせ。感動もひとしおです。

娘の入学と私の起業

長男の受験の年と娘の小学校入学の年に無謀にも起業してしまった私。娘のクラスが荒れているのを知ったのは、6月の参観でした。娘は、大好きだった習い事もやめてしまい、友達とのいざこざも多かったため、原因は私が仕事で忙しいからではと落ち込んだ日も。

ただ、起業したからには、途中でやめるわけにもいかず、とにかく頑張るしかありませんでした。嬉しいことに、家族は私が仕事をすることをとても応援してくれ、私の帰りが遅くなっても2人のお兄ちゃんが、文句も言わずご飯を炊いてくれていたり、洗濯物をたたんでくれていたり、しっかり娘の面倒をみてくれたりしました。そのおかげで、学校が落ち着いてくると、娘も落ち着いてきました。

仕事と家族

仕事をしていると特に子供のことで、「私が仕事をしているから?」「もっと子供ことを優先しなければいけないんじゃないか?」と家庭をとるか?仕事をとるか?と悩むこと、落ち込むことがたくさんあります。

それでも私は「親の背中を見せることが子供への一番の教育」と信じて、子供に恥ずかしくないように「挑戦」しつづけ、「努力」をし続けます。それは自分をあきらめず、挑戦し、努力する人になってほしいからです。
私は自分の中で工夫していることが2つあります。家に帰るのが遅くなっても「ただいまぁ〜♪」と楽しそうに元気に言うこと。
朝食、晩御飯はいろいろと喋りながら一緒に楽しく食べること。

仕事と家と未来について語り合ってみませんか?

「家」は、自分自身にパワーをくれるところです。それと同時に家族が元気になる場所にもしていきたいと思っています。

2月22日に「自分が輝く未来の家づくり」というテーマの対話のイベント(フューチャーセッション)をします。「育つ家」プロジェクトメンバーと主婦、会社社長、整理収納アドバイザー、ファイナンシャルプランナーなど様々な職種の人と「家」について考え、そこから自分の未来に向けての第一歩を見つけます。

※「育つ家」プロジェクトはアーキ・クラフト社の「育つ家」を中心に自分らしい暮らし方や住まい方を提案する異業種ネットワークのことです。

フューチャーセッション後はランチ交流会です。参加費無料で、小さいお子様連れ大歓迎!ぜひ、ご家族でお越しください。
参加は、FBのイベントページで「参加ボタン」を押すか、WFCのホームページのお問い合わせから連絡をお願いします。(食事の準備の関係がありますので、必ず、申し込みをお願いします。)

https://www.facebook.com/events/783855978365714/

私と一緒に「家」のこと、「仕事」のことを語り合いませんか?
詳細はこちらの記事にも。→【自分が輝く未来の家づくり〜フューチャーセッション開催〜

photo_01