《ミラクル100》ファシリテーター:デザイナー堀池幸一郎さん②

ほりいけ2
王寺のミライをツクル100人会議でファシリテーターインタビュー。前回に引き続き、&DAYS DESIGN代表で、ツールデザインや店舗内装デザイン・ブランディング、SUBACOブランドディレクターなど幅広くご活躍中の堀池幸一郎さんにお話を伺いました。
今回は「デザイナーの枠を超える」です。

ーーーーー現在の活動を教えていただけますか?

2016年1月に独立して、現在は名刺やチラシなどのツールデザイン、店舗内装デザイン・ブランディング、SUBACOブランドディレクターなどをしています。

ーーーーーデザイナーの枠を超えてお仕事されているように見えるのですが、秘訣やそれに至る道のりなどを教えていただけますか?

看板制作会社の後、住宅・店舗設計の会社に転職したんです。
その時の自分を超えられるような会社に行こうと思って。
そこでも、デザインだけではなく、空間やロゴ、ツール、広報、企画など幅広く経験させてもらいました。その会社は、現在は全国規模の大きな会社に成長していますが、僕が入社した当時は社員7名の小さな会社だったんです。それが、今では日本を代表する企業の一つになっています。
そのヒミツはリーマンショックにあると思っています。経営が上手くいかない時の舵のとり方、荒波の乗り越え方、そういったことも、この会社では経験することができました。
だから、カッコイイものだけを作るのではなく、売れるものをつくるということができるんだと思います。

ーーーーー仕事をしていると辛い時もあると思います。感情のコンロトールはどうされていますか?
「自分らしくあること」それに尽きるんじゃないでしょうか。
「喜怒哀楽を自分らしく出す」
楽しくても1日。へこんでも1日。
もやもやしているなら正直に謝ったり、無理だと思ったら素直に電話したらいいんです。
残った時間で「何ができるだろう」ということを考えて行動するのが大切です。

最近思います。「世の中はは波があるからドラマチックなんだ」と。
だからチャレンジしようって。

リーマンショックという荒波をを乗り越え、独立を果たした堀池さん。
次回は「仲間づくり」について。
お楽しみに!

《ミラクル100》申込み:
LINE@からの申込みは、QRコードを読み込んでくださいね。
王寺町LINE@用QRコード

Facebookページのイベントから申し込みはこちら
12日イベントページQRコード

申し込みフォームはこちらから

《ミラクル100》ファシリテーター:栗本恭子さん

いよいよ今週に迫った王寺のミライをツクル100人会議《ミラクル100》のファシリテーターを紹介します。

王寺町を輝かせるのは『あなた』です

Vol1_1
王寺町の良さを尋ねるとほぼ100%の確率で、ひとこと目に帰ってくるのが、「便利」。大阪や奈良全域へのアクセスの良さを挙げる方が多い。そして、ふたつ目は?…と尋ねると「うーん」と、一瞬口ごもる方が多いのも事実。そして自然豊かな場所にあり、都会の雰囲気と田舎の良さがうまくミックスした環境…と続く。
そこに、人の活躍をもっとプラスできないだろうか。それが100人会議の発端です。
「王寺町の昼間人口のほとんどを占める子育て世代の女性たち、子どもたち、シニア世代に、もっともっと輝いてほしい。そして自分が地域を輝かせる主役なのだと気付いてほしい」
と語るのは、株式会社Women’s Future Center(ウィメンズフューチャーセンター 通称WFC)代表の栗本恭子さん。今回の100人会議のファシリテーターです。
「何が必要か、何がほしいかを考えるところから、自立して事業運営ができる人が育っていってほしい」
という彼女は、女性支援のスペシャリスト。今までに数々の女性起業家を支援してきましたが、そのほとんどは、結婚・出産を機に仕事をやめ、専業主婦を経験した女性たちでした。
「仕事をしたいとは思っていたけれど、何ができるかもわからなかったし、家庭と仕事の両立を考えると、どこまで自分ができるか不安が大きかった」
そんな女性たちに、それぞれの強みを生かして自分らしく働ける環境と仕組みを作り、仕事を作り出してきたのです。
「何かが始まる”きっかけ”は、日常にある小さなこと。それが今回の100人会議だったら嬉しい」と笑う栗本さんの笑顔は明るく心強い。このプロジェクトで出会える『新しい自分』に、会いにきてみませんか?
Vol1_2
《ミラクル100》申込み:
LINE@からの申込みは、QRコードを読み込んでくださいね。
王寺町LINE@用QRコード

Facebookページのイベントから申し込みはこちら
12日イベントページQRコード

申し込みフォームはこちらから