計画を立てる際に意識していること

WFC代表の栗本恭子です。
年末年始にいろいろな人と話をするなかで、私がどんなことを考えているかや実行していることなどを知りたいと言われたので、今年はマメにブログに書いていこうと思います。

昨年から経営指針書の作成をする勉強をしています。10年後のビジョン、3年後の事業展開、今年やることの順番に考えて経営計画を作っていきます。

勉強しようと思った理由は、目の前の仕事に意識が行き過ぎて、事業というものを俯瞰してみることができていなかった事やWFCのスタッフが急に増えたので共通認識が必要になったこと、2017年はいろいろな事に挑戦しすぎて、いったい何を大事にしたらいいのかが見えなくなってきていたことが理由です。勉強しにいってよかったです。改めて自分の価値の再認識ができ、モヤモヤした頭がスッキリしました。

今までも当然、計画を立てて進んできましたが、スケジュールが遅れたり、ミスが多かったりしました。その理由は、計画の立て方が中途半端だったからです。「いつ」「何をやる」までは、きちんと計画に落としていましたが、「誰がやる」「それにかかる経費」「数字の入った成果予想」が曖昧でした。仕事の計画は、分析できなければいけません。なので、【数字】が計画を立てる時に重要になってきます。

「いつ」
「何をやる」
「誰がやる」
「それにかかる経費」
「数字の入った成果予想」

勉強会で資料でもらった行動計画表に必要な項目をアレンジしたのがこちら。
行動計画表

参考にしてくださいね。

今日は成人式です。20年前の私はちょうど次男が生まれた年。目の前の子育てに必死で仕事をしたくてもする環境でなかったです。まさか会社を興すことになっているなんてその時は思いもしませんでした。いろいろな事に自信がなく、社会から取り残されていく孤独を感じていました。今日成人した女性たちが、数年後に子どもを産んだ時に同じように孤独を感じないネットワークを作っていきたいと考えています。そのためにも10年後も必要とされるWFCに成長していくために事業計画しっかり作り込みたいと思います。

今年は、私が今まで学んできたことを共有したり、Bloomさんの専門知識や経験を学べる勉強会をたくさん開催していきたいと思っています。

1月の勉強会は大学講師で高校教員経験あり、ならまち終活カフェでのセミナーのほか、ご夫婦で経営しているキリスト教専門の葬儀社での進行・業界向けセミナー講師など多様な人の前で「教える」「伝える」「話す」をお仕事にしている、Bloom会員の山之口恭代さんにポイントをお聞きします。

◎1月会員交流会「講師を目指す人・してる人お茶会」
日時:1月26日(金) 10:00 ·12:00
https://www.facebook.com/events/155217175087640/

2018年もよろしくお願いします!

2017年は、本当にたくさんの方に支えられながら今まで以上にいろいろな事に挑戦をした年でした。

この3年間、私の中では、「女性と企業を繋ぐ」「資格やスキルのある女性がそれを活かして奈良で仕事ができる環境を作る」をテーマに、行政と連携したり、Bloomというサイトや年間誌を作り、必要とする人と必要とされる人を結ぶ仕組みづくりを行ってきました。まだまだ、理想とするところからは、遠いのですが、その仕組みづくりには、本当にたくさんの行政の方、中間支援団体様、企業の経営者様の理解をいただき、何よりも会員の皆さんの努力があり、スタッフ一同の日々の行動があり、2017年は、少しずつ実績として実を結び始めました。

一方で、一度社会から離れた女性が復帰しやすい仕組みをつくるためにコミュニティカレッジ、在宅ワークや女性起業家支援などセミナーやインターンなどを実施してきました。

「女性が活躍できる環境と仕組みをつくる」を理念にかかげ起業しましたが、その環境とは?仕組みとは?まだまだ手探りの状態です。

2018年も会員のみなさんと一緒にまた、スタッフ一同で「日本一女性が暮らしやすい地域」を目指して、行政の方、企業様、支援団体様の協力をいただきながら仕組みづくりをしていきたいと思います。

今年は本当にお世話になりました!来年もよろしくおねがいします!!

1月5日10時から先着順でWFCにてぜんざいの振る舞いを行います。お子様連れでぜひ、お越し下さいね。

2017年12月31日
株式会社WOmen’s Future Center  代表取締役 栗本恭子
25550424_902925116538961_2211173745991064020_n