台風8号で考えさせられたリーダーの決断

このたびの台風8号により被害を受けられた地域の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧がなされますよう心よりお祈り申し上げます。

テレビの中継からは風も雨量も激しく、脅威を予感させた台風8号。
当初、10日の未明から11日の朝にかけて奈良に近づくと言われていました。

11日はWFCで人気のお片づけ講座、会員の中島亜季さん主催の『成績UP♪家庭教師にまなぶ「教材整理」講座』が開催される予定でした。

WFCとして災害時の対応についてのマニュアルはなく、その作成も検討が必要でした。7月9日の時点で

「大型台風8号の接近に伴い、Women’s Futre Centerの自然災害などに伴う非常寺の対応について検討しました。WFCでは、人の安全を最優先とするため、奈良県北部に重大な被害を伴う自然災害がおこると予想される場合、講座の主催者と相談のうえ、講座等は中止とさせていただきます。その場合、別途、振り替えた日程をご案内できるように努めます。WFC自体も社員や家族の安全を考え、臨時休業とさせていただきます。ただし、正午までに警報が解除され、安全が確認された場合は、WFCは営業します。」

という内容をFacebookに発表しました。

11日の講座には吉野や神戸の方からも参加希望があったとのこと。遠方からくる方のことを思うと、可否を早めに決断してあげないといけないという状況でした。
講座の日程を変更するという事は、金銭的なリスクも覚悟しなければいけません。
楽しみにしている参加者もいます。振り替えた日程が合わない方もいます。

開催するか否か。かなり悩んで中島さんは「延期する」という決断をしました。
「晴れて何もなかったら「何もなかったね」で笑えるけど、もし、受講者の方が何か事故に巻き込まれたら笑えないから」という理由でした。「もし、台風が通り過ぎていても家の周りのお片づけが気になって講座に来れないかもしれないし」との言葉は、さすがお片づけの講師(笑)

私はある方から「リーダーとは最悪の状況を常に想定して行動しなければならない」と言われました。

「今までなかったから大丈夫だろう。」というあまい思いが人命に関わる事故に繋がるケースをたくさん見てきました。

結果的に奈良市だけを見ると台風の被害はなかったのですが、それでも大きな決断をされた中島さんに敬意を表したいと思います。

中島亜季さんの『成績UP♪家庭教師にまなぶ「教材整理」講座』は8月24日(日)と9月12日(金)ともに10:00から振替となりました。
興味のある方はFacebookページ『プロ家庭教師×整理収納アドバイザー pentas』かホームページhttp://pentas-5s.jimdo.com/から問合せください。

中島