《ミラクル100》ファシリテーター:中川直美さん③

地域と生きる、地域を活かす

DSC05823
100人会議のファシリテーターを務める中川直美さんの率いる福祉団体『なないろサーカス団』では雪丸くん製品を受注製作されています。

「現在、王寺町にお世話になっているのは雪丸くんです。王寺町の活動を受けて活動の場が広がり、お仕事として成立しています。単にキャラクターとしての発信だけでなく、雪丸くんが優しい町づくりのシンボルとなり、実際の町づくりが進むといいですね。それができる町だという感覚はあります」

雪丸くんグッズは、市役所や図書館、町内の個人商店のほか、ならまちのお土産屋さんでも販売され、売れ行きは上々だそうです。王寺町のノベルティとしても配布されているのだそう。

「木こりのスタッフがいるので材木が比較的安価に手に入り、自分たちで製材をするので、家具も格安で作れます。絵馬は事務所併設の工房で一枚一枚手作りですよ」
王寺町の楠を使ったテーブルが素敵でした。木こりさんと事務所を共有しているのだそうです。その組み合わせも新しいですよね。
「王寺町にある資源を使って、王寺町の人々が手を加えて家具などの商品をつくり、それがお金に代わっていく仕組みを作れると一番いいですよね。お金も町の中で循環していき、団員も循環の中の一翼を担えるとね」

もうすぐ100人会議ですね。
「奈良県は専業主婦率ナンバーワンといいますが、起業されている方だけではなく、『何か自分で社会貢献したいんだけれども、何も肩書がないんです、私』という方が、施設にも結構来てくださいます。そういう方はすごく力になってくださるし、企業だけでなく町のことを本当に良くしたいと思う主婦の方など、広い視野で物事を見られる仲間に出会いたいですね」
DSC05799のコピー
なないろサーカス団の活動は、午前は森、昼からはアトリエがスタンダードとのこと。取材日にはちょうど明神山の森林整備をされていました。男の子が多いので、施設内で細かい作業をするのもいいですが戸外でダイナミックに身体を動かすと気持ちがいいと喜ばれるそうです。

陽楽の森では季節の野菜やキノコ栽培もされています。訪れると菌を植えた丸太から育ったキノコが生え始めていました。

《ミラクル100》申込み:
[email protected]からの申込みは、QRコードを読み込んでくださいね。
王寺町LINE@用QRコード

Facebookページのイベントから申し込みはこちら
12日イベントページQRコード

申し込みフォームはこちらから